赤帽引越し相場

赤帽引越し相場を調べずに失敗

 

最初からちゃんと、見積もりをしていただいてからにした方がよかったです。

 

最初は、4万円ぐらいですよって言ってたのに、終わったら8万以上かかってしまいました。

 

それなら、最初からこれならこの位かかりますよって言ってくれれば、まだ納得がいったのですが、終わってからこんなこと言い出すし、不満いっぱいでした。

 

当時私はお手伝いできない状態でしたが、主人はフル稼働してました。

 

当然だといわんばかりの態度にも、少々不満でした。

 

それにしても、赤帽引越しと言うものを一度も体験したことがなかったので、こんなものかと思い不満いっぱいでしたが、8万円以上支払いました。

 

あとで、赤帽引越し相場からすると高いということが分かりました。

 

おまけに、当初エアコンの移動も、1万円でしてくれると言っていたのに、当日はいくらですかと聞いたら、1万5千円ですと言われ、むかつきました。

 

さらに、プシューっと、エアコンのガス抜かれていて全然冷えなくなってしまいました。

 

最悪の2人組でしたね。

 

もっとも、ドライバーさんによってはとても親切で良心的な価格でやってくださる赤帽さんもいると聞いたので、始めに赤帽引越し相場をきちんと調べておくべきでした。

 

こんなサイトも引っ越す前に知りたかった!
 ↓↓↓
赤帽の引っ越しサービスを半額で利用する方法

 

最近、身内が引っ越しをしたのですが、2人の男性がテキパキと引っ越しをして下さっているのを見て、大手の引越し業者はいいなと思いました。

 

見積もりはやはり最初にきちんとしなくてはいけません。

 

それから、「他の業者で引越し、してもらうとこの位かかると言われた」と比較できるようにしておいて、値引きしてもらうといったところでしょうか。

 

ちゃんと、地域の小さな業者の見積もりに決して負けない、金額にしてくださいました。

 

確かに荷物は少なかったのですが、お手伝いも何もしないで見ていただけで、不満ひとつ言われませんでした。

 

お手伝いはしなくても、雑巾は用意しておいた方がよさそうです。

 

タンスの裏側とかについている汚れを拭き取りながら、荷物運びしてくださいます。

 

安さに加えて丁寧な仕事をして貰い助かりました!

 

 

赤帽は値段がとにかく安いことが魅力だったので、こちらにお願いしました。

 

他の会社よりもかなり安かったので、しっかりしたサービスなのか心配でしたが、丁寧に荷物を運んでくれ、何の問題もありませんでした。

 

ただ、他の引っ越しサービスでは荷物を梱包してくれるところも多いですが、ここは自分でやらなければなりません。

 

それが少し面倒に感じましたが、コストを少しでも抑えたかったのでよかったです。

 

また、私はその時女性の一人暮らしで、天井の照明器具を付けるのに手間取っていたら、スタッフの方が手伝ってくれました。

 

本当にここに頼んでよかったと感じました。

 

また次回引っ越しするようなことがあれば、またここにお願いたいと思っています。

 

 

赤帽引越し相場を知って損しない交渉術

 

引っ越し業者を選ぶ際には、しっかりと下調べをすることが大切になってきます。

 

たくさんの会社に見積もりを出してもらい、自分に合った会社を吟味しましょう。

 

引っ越し業者でも、会社によって値段もサービスも大きく異なります。

 

また、自分でできるところはやっておくと、コストダウンにつながります。

 

引っ越しには人手が必要ですが、引っ越し業者の方にお願いするとお金が高くついてしまいますので、友人や家族などの近しい人に手伝ってもらうのが良いでしょう。

 

その場合は、お礼を忘れないようにしましょう。

 

引っ越しの当日は何かとバタバタするものです。

 

当日使用しないものは早めに梱包しておきましょう。

 

ダンボールには何が入っているか書いておくと、あとあと便利です。

 

赤帽で感じた3つのポイント

 

良かったこと

見積りを赤帽と、他の業者にとりました。

 

他の業者は見積りを出した瞬間高いかも…と感じたので即決せず「他にも見積りをとりたいので…」と伝えると「えっ!?じゃあ値引きしますよ」と言われました。

 

ぼったくられるところだったのかもしれません。

 

その点、赤帽はその業者よりも安く、ぼったくられた感じではなかったので安心して契約できました。

 

料金も分かりやすく説明してくれたのも良かったです。

 

 

特に感動した点

何回目かの引越で、私の梱包が甘かったのか、しっかりやり直してくれたことです。

 

家具や電化製品に合わせて丁寧にやってくれたのは安心にも繋がりました。

 

こちらが手伝う場合があると聞いていましたが、殆ど作業員がやってくれたのでとても楽な引越しが出来ました。

 

 

気をつけておくべきポイント

当日、荷物の引渡しから引き受けまでするときは、時間のゆとりをしっかりと持ってください。

 

トラックの運転手は、やはり運転に慣れてるかして想像以上に早く到着するときがあります。

 

平日の引越なら尚更です。

 

ナビタイムで大体の目安をつけて、次の引越先に向かっていたところ…40分も早くついていたらしく、トラックの中で昼寝をされてました…起きたてだからか、寝起きが悪いのかわかりませんが…怖かったです。

 

段ボールの封は紙のガムテープ。

 

その他は透明のガムテープ。

 

あたり前と思われるかもしれませんが、家具などに紙のガムテープを使用すると、取るとき跡がのこり、剥がすのが大変です。

 

引越を決めたら、私は100均でこのふたつをまず購入していました。

 

以外と使う。当日にぞうきん。

 

荷物にすべて入れてから気づくぞうきんの有り難さ。家を最終的に出るときは後を濁さず出るためには、最後までぞうきんは手放さないことです。

 

2回目の引越しを引き続き赤帽に依頼しました(家族引越し感想)

 

以前 赤帽さんにお願いした時に、かなり安かったので、2回目も赤帽さんにお願いしました。

 

そうしたら、結果、思っていたよりも倍以上の金額になり、びっくりしましたがどうして金額が上がるのかを説明して貰ったので(男性三人で来られたのですが、時間によって金額が変わるとのことでした)その点は助かりました。

 

つまり、早い時間で終われば金額も安くなると…。

 

一回目にお願いした時は家族2人で今回は4人…確かに値上がりが大きくなるわけです。

 

当日は男性3人で六時間以上かかりました。

 

大きい荷物は全て運んで貰った上に自分たちで持っていこうとした物も律儀に運んでくれたのでとても良かったです。

 

 

引越しコラム どこまでお金をかけるべきか・引越し業者の選び方

自分が費用をかけても楽をしたいかどうか、ということだと思います。

 

もしくはできるだけ安価に抑えたいかどうか。

 

ただ、某業者のらくらくパックなど、手間を削減してくれるプランは金額も時間も非常にかかります。

 

朝からやっても夜になることもしばしばのようですし、そのあたりでどのくらい自分たちでできるかをまず把握するという事でしょうか。

 

あと、見積もりが違ったら後で大きく費用を追加請求してくる形式の所はやめたほうがいいと思います。

 

見積もりは向こうがプロなわけですので間違ったら先方の責任。

 

引越しをとりたいがために安く見積もってくるところも多いので、見積もり以上の費用請求はないところにしないと問題が起こりやすいです。

 

家電が壊れた時は、古いタイプのものだからとか、いろいろとできるだけ安く抑えようとしてくるので、家電の場合特に丁寧に運んでもらう必要があります。

 

勿論ワレモノもです。